40歳を超えると痩せにくい!そんな言葉を知りつつ、ついに大台に乗ってしまいました。

元来米大好き、ラーメン大好き、運動不足とデブまっしぐらの食生活を送っていたため気づけば100kgを超え現在110kgをうろうろしています。

年とともに痩せにくくなる一因として「酵素不足」が挙げられると知り、このサイトを立ち上げる要因ともなりました。

この体重に達するまでに様々なダイエットを試みましたが、効果があったものの続かず辞めてしまったものや、効果が見えずに辞めたもの様々ありましたが、今回はそれらを含めて実践したいと思います。

ダイエットを習慣にする続かない事はやらない

3ヶ月で25kg減量した方法を再び実践

以前は120kgありましたがそれが3ヶ月で95kgにまでなりました。そのまま続けていればよかったのですが、忙しさにかまけて続かなくなり5年間でじわじわリバンウンドし、110kgまで戻ってしまいました。OTL

その時の反省と成功例を活かし取り組みたいと思います。

表題にもある通りダイエットを一時的なものではなく、習慣にする事を目的として始めようと思います。そのため、無理をしない・我慢しない・短時間でできる事を初めていきたいと思います。

プラン1|有酸素運動をしない

有酸素運動はダイエットに効果的なのは周知の通りですが、私にとってこれがダイエットを妨害する一因でもありました。有酸素運動をはじめて効果が現れるのは20分以降のためせめて40〜60分続けなければなりません。

エアロバイクやジョギングなど体力もつき慣れれば大した事はないのですが、大体このきつさで断念します。

また、辛さが原因ではなく単純に時間が取れない忙しい日が続くとズルズルとサボりがちになり気づくと走ることがおっくうになってしまいます。

習慣を作るダイエットに有酸素運動は向かないため排除しました。

プラン2|朝晩のストレッチ・ラジオ体操

ダイエットサプリメントを始め、様々なダイエット法で必ずといっていいほど出てくるのが「代謝の活性化」です。コッコアポを始めとした脂質代謝・水分代謝をよくする医薬品も使ったことがありますが、元々便通は良いためあまり効果はありませんでした。

代謝にも色々ありますが、ラジオ体操などのストレッチは血液代謝とエネルギー代謝を良くするため朝行うと一日中燃焼しやすい体になります。

寝起きに軽くストレッチをしラジオ体操をするだけでかなり効果がありました。

プラン3|基本的な筋肉トレーニング

ジム通い、スポーツは続かないので毎日自宅でできるトレーニングを

ダイエットを始めるとジムへ通ったり、スポーツを始めますがこれもダイエットが続かない原因の一つでした。結局毎日できない事は続かないので、毎日家でできる筋肉トレーニングが一番でした。

無酸素運動は有酸素運動に比べてダイエットの効果が弱いと思われがちですが、私みたいに100kgを超えるようなデブは無酸素運動を行わないと痩せたとしても皮がたるんだ状態で痩せても痩せて見えない体型になってしまいます。

痩せる目的が綺麗になりたい。格好良くなりたいのなら筋肉トレーニングはボディメイクに欠かせない要素です。

1分でできる効果的な筋肉トレーニング

ダイエット&ボディメイクのためのトレーニングはまず大きな筋肉を鍛えることです。腹筋・腕立て・スクワットこの3つのトレーニングは基本ながらもボディメイクの効果は絶大です。

特に、一番大きな筋肉ハムストリングと第二の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛えると代謝が格段に上がるため、他のトレーニングをする時間はなくとも朝に行うことで燃えやすい体になります。

スクワットは比較的楽なのでまずはこれだけでも始めてみてください。

1分間で効果の出る筋肉トレーニングですが、やり方は簡単です。スクワットを元に説明しますので是非実践してみてください。

  1. 足を肩幅に開き、息を吸いながらお尻を突き出すような姿勢で5秒間ゆっくりしゃがむ。
  2. 息を吐きながら5秒間ゆっくり戻る
  3. 関節が伸び切らないところで止め、再び5秒間ゆっくりしゃがむ
  4. 1分間繰り返す。

回数としてはわずか6回ですが、体感的には100回のスクワットに相当する効果です。これを30秒のインターバルをおいて2〜3セット行うと次の日は筋肉痛でパンパンです。始めのうちは1セットでもいいかもしれません。

コツは関節を伸ばし切らず、常に負荷がかかった状態を作ることです。

腹筋は最初のうちは足上げでも構いません。足上げは下腹部の筋肉が鍛えられ引き締まるため女性にはぴったりの運動です。

プラン4|緩い糖質制限

ライザップなどのプライベートジムの方式は先にあげた無酸素運動によるボディメイクと糖質制限による減量を組み合わせた方式です。

ここにもダイエットの落とし穴があり、目標を達成すると自然と気が緩むためリバウンドしやすくなります。かくいう私も100kgの大台を切った事で気が緩み、徐々に元に戻りました。

ご飯は半分おかずは好きなだけ食べる

一見ささやかですが最も効果的でした。ご飯をあまり食べないため味付けも薄味になりますし、なによりストレスがありません。

ラーメンが好きなのですが、これも「大盛りにしない・ライスは頼まない」ライスがないのでスープを飲み過ぎないで済み、これだけでかなり効果がありました。

プラン5|酵素を取り痩せやすい体に

このサイト作成に至ったのも酵素がダイエット、健康維持に欠かせないもので自身も実感しているからです。

酵素は食品そのものにも含まれているため、そういった食品の紹介やこのサイトで紹介しているサプリメントや酵素ドリンクの体験も含めてご紹介します。

プラン6|食欲を満たすダイエット

そもそも何故太るのか?というと単純に「食べ過ぎ」が原因です。ダイエットサプリが数多くありますが、健康補助食品という分類であるサプリメントが、食べ過ぎているのに痩せたら大問題です。

そのため少なくとも「食べ過ぎ」という状態から脱却するためには食べるのを控える必要があります。

そこで考えたのが、食欲を満たすベクトルを変えようということです。満腹中枢を満たす事で満たしてきた食欲を、美味しいものを贅沢にいただく事で満たすように心がける事で食欲のベクトルを変えようという試みです。

  • よく噛んで味わう
  • 彩りよく多種多様な品目で楽しむ
  • 作法に気をつける
  • 器や盛り付けにこだわる
  • 酵素を意識した食材

実際にこの方法は有効で面倒だから1品目で済まそうとする食事よりもカロリーを抑えられ、品目を増やす事でご飯への依存度がかなり減ります。ご飯を抑えるために豆腐などの淡い味付けの食品を1品加えるだけで、食としては贅沢になるけど糖質などは抑えられます。

40歳からの酵素ダイエット
−25kgダイエットした方法で昔の体を取り戻すまとめ

  • 続けられないことをやらないのが大前提
  • マラソン・ジョギングはやらない
  • 朝晩ラジオ体操とストレッチを毎日やる
  • 1分間のスクワット・腕立て・腹筋を毎日つづける
  • ご飯は通常の半分に。かわりにおかずの品目を増やす
  • 酵素系の食材を使い、酵素サプリメントなどで補う

20歳から酵素が減少し40歳で代謝が急激に落ち痩せにくくなるといいます。それらを補うため酵素を取り入れながら痩せやすい体を維持して、ダイエットに励んでいこうと思います。